海外インターンシップに参加する理由

海外インターンシップは、外資の職場にまさに入って、研修生として現地の従業員の自身と共に働ける制度だ。十分な経験や成果を得るには、一定の期間はたらく必要があるので、海外インターンシップにわたりは、ほとんどの企業が月〜1年となっています。海外インターンシップの魅力は、日本では経験できない、グローバルな環境で絡みさまざまな体験ができることです。

最近では、「英語を活かせる仕事がしたい」「就職や転職に役立てたい」「外資の企業に就職したい」「海外でキャリアを通して働きたい」「国際に活躍したい」などの目標を有する学生や成人で、海外インターンシップの参加が増えています。また、インターンシップを希望する学生や成人を積極的に受け入れる企業も増えているのです。

海外インターンシップは、さまざまな国で体験できますが、中でもアメリカでは、インターンシップ制度をさまざまな業種で取り入れてあり、国籍、学歴、年齢に関係なくチャレンジできるのが特徴です。“実力主義”と言われるアメリカでは、インターンシップも成果を得られれば、正社員としてビザ手続きのサポートをいただけることもあり、インターンシップに参加することがきっかけで、国際に頑張れるチャンスを掴めるのです。

日本国内のインターンシップでは、就職活動が目的の学生向けのプログラムがほとんどで、成人が参加できるものはとっても少ないです。それに見比べ、アメリカをはじめ海外のインターンシップは、就職活動につきというより、「希望の仕事に挑戦してみたい」という感覚で、年齢に関係なく参加できます。また、基本的に、インターンシップは無給になりますが、専用のビザを取得すれば有給インターンシップに参加することもできます。

それでは、なんで、国内のインターンシップでなく、わざとアメリカにまで行ってインターンシップに参加するのでしょうか?まさにアメリカのインターンシップに参加した方によると、「まさに現場で仕事を挑戦するため」「職務経歴書(レジュメ)を入手するため」「就職のためのコネクションを調べるため」という意見が多いです。アメリカでは、新卒を重視する日本とは違って、「即戦力となる人物」ですかどうかが重視されるので、初めて、インターンシップで経験を積み込むことを目的として掛かるほうが多いようです。また、インターンシップの経験はレジュメに記載することができるので、そのために参加している方もいるでしょう。再び、アメリカでは、就職活動する際に、人のコネクションがものすごく左右すると言われていますし、まさに、インターンシップ先で引き続き採用されることもあります。そのため、アメリカでは、インターンシップが就職活動の手段にもなっているのです。浮気相談 | あなたの問題を解決出来る電話の無料相談はこちら!