業者の規模

大切なマイホームをリフォームしてもらうわけですし、今後何年も住み続けていくわけですから価格だけを重視して安物買いを通じてはいけません。
満足のいくリフォームを行う上で業者の選び方はとても重要です。
信用と実績のある大手業者を選ぶのか、小回りのきく地域密着型の小規模な業者を選ぶのか、どちらにもそれぞれメリット、デメリットがあります。

<大手業者の場合>
メリット…知名度があり信頼できること。
何かトラブルが起きたときでも大手だと母体がしっかりとしているので保証してできること。
適当な工事を通じて丸ごと音信不通という心配がないこと。
社会的信用も激しく、提携している下請け業者も大手の手前適当な作業ができないこと。
デザイン性の厳しいリフォームをしたいとき、デザインや設計を行う担当部署があるため様々な提案を通じてもらえること。

デメリット…何か問題があったとき、大手業者のコンサルタントがまずは現場を見に来てそこから下請けに指示を出すため話が現場に通り過ぎるまでに時間がかかること。
しかしそれは大手がしっかりと現場を管理してもらえるというメリットにもなります。
融通がききがたい、ふとした補修などでもすべて管理されて、大手業者のコンサルタントが下請けに指示を通じて後日施工する。

<小規模業者の場合>
メリット…地域密着店なので、お客さんとの距離もくらい、直接要望などを効く易いこと。
何かあったとき、小回りがきくので自社によって動きが手早く直ちに来てもらえること。
信用商売に重点を置き施工した物件はすべて自社の職人が面倒を見て頂ける。
小さな補修などの場合には、職人がその場でサッと直してしまい、無料で行ってくれるということもあります。

デメリット…広告費などをかけられないので、営業範囲がせまく知名度がない。
評判を知りたくてもからきし情報がない。
デザイン、設計などは大手のように担当部署がないためしょうもないこと。

大手業者、小規模な地域密着型の業者、どちらを選ぶもそれぞれメリット、デメリットがあります。
そのため個人の求めるものによって選び方は変わると思います。
どちらにしても工事の内容、保証、金額の明細についてなど細かく説明をしてくれて納得のやれる業者を選ぶようにしましょう。https://www.bankrenteterug.nl/