夏バテ対策には鰻を食べましょう

日本には夏の盛りになると、元気をもたらすために鰻をたべる習慣がありますね。
本当は鰻の旬は初冬だそうです。
江戸時代において、夏に鰻が売れなかったので、平賀源内に助けを求めたところ、マキシム「本日丑の日 土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすること無し」という、今で言う謳い文句が生まれたようです。
それから鰻はグングン売れ動き出し、現代も夏には鰻を取る習慣が続いている。
ですが、この頃では鰻の価格が激しく、気軽に食べることが出来ないものになっていますね。
でも、出来たら精を作り上げるために鰻は是非とも食べたいものです。

そもそも鰻は、何で夏バテに効くのでしょうか。
それは色々な栄養素が豊富に含まれているからなのです。

ビタミンAが豊富です。
蒲焼1本の半分で、一年中のビタミンAの必要量を満たして仕舞うほどだ。
ビタミンAは目の健康には大切なビタミンで、眼精疲労にぐっすり効きます。

ビタミンB1の含有量がが魚介類の取り分けダントツです。
B1はご飯等の糖類をエネルギーに変換するところ必要なものです。
ですからご飯の上に鰻がのっておる鰻丼は、本当に理にかなった料理ですね。
しかも蒲焼1本で成人男性が必要とするビタミンB1を7割方入れることが出来ます。

人の成長に欠かせないビタミンB2も豊富です。

ビタミンEも豊富。
こういうビタミンはおっきい抗酸化作用があるので、老化を防ぎます。
血行もよくするので、冷えや肩こりも解消してくれますし、血行が良くなると疲労物質も運び出されるので、ヒーリングにつながります。

DHA・EPAも豊富。
一般的には青魚に多いと言われているものですが、鰻にはサンマと同じくらいのDHA・EPAが含まれています。
血行を良くしてくれますし、DHAは、脳に良いと言われています。

ムチン。
これは粘性物質で、山芋というぬるぬるしたものに豊富に含まれていますが、鰻のぬるぬるもムチンが含まれているからなのです。
こういうムチンは胃の粘膜を保護してくれるので、夏バテで胃腸障害を起こしている時折、殊更摂った方が良い成分だ。

でもこういう鰻、脂がのっていて、いかにもカロリーが高そうに見えるよね。
ですが、意外にもカロリーはきちんと低いのです。
蒲焼1本が約293カロリーだ。
こういう点も、際立つ食材ですよね。葛の花サプリランキング!効果・成分と口コミを徹底比較!【必見】