埼玉の名物を体験決める!

紙の工芸品といえば、和紙だ!海外からのツーリストもお土産に立てる和紙は日本の伝統いる由緒ある工芸品だ。
埼玉県では和紙作りの盛んな地域があり、小川和紙と呼ばれる和紙が存在します。埼玉伝統工芸館や小川町和紙体験学習センターに行くと年間を通して和紙の手すき体験にも参加することができ、オリジナルの和紙を設けることが可能です。自分の作った和紙に詩や絵を含めると極めて味わい深い思いのある作品が出来上がり、もっと和紙へ親しみをもらい易くなるでしょう。埼玉伝統工芸品は和紙をはじめとするたくさんの伝統工芸品があるため、館内における常設展示場には県指定の伝統工芸品がすべて揃っている。観覧しながら、小川和紙の歴史を学べたり、 また映像を通して制作工程を見ることできます。豊富にそろった特産物を観るのも楽しみのひとつだ。
入館料も大人300円と小人150円と気軽に小川和紙の作品を観れます。小川町和紙体験学習センターでは昭和11年に和紙のラボラトリーとして建てられ、戦前から大切に守られた和紙の生産施設でした。その後時は翻り、平成1年間には小川町に移管し、現在も手すき体験を行うなどの活動で盛んだ。
埼玉と言えばほかにも草加市の草加せんべいなど素朴で有名な食べ物があります。
山香煎餅本舗ではせんべいの手焼き体験ができます。500円というワンコインで予約なしで入れる体験コーナーがあります。
せんべいはそもそもどうして作られているのか?その視点から子供たちにも興味を持ってもらえるよう、煎餅工房では職人が炭火手焼きを行う制作工程をみることができます。
団体様での予約もできるので10名以上の体験希望者がいれば団体予約となりますのでお電話して希望日を話しましょう。
こういう体験は「草加せんべいの庭」という草加市テーマパークの中にあります。
テーマパークの店内には100種類の商品が販売され、昔からいる堅焼き煎餅や手焼き工房で焼いた天晴れ(てんはれ)、おこげ煎餅、チョコレート、非常食セットの煎餅など盛りだくさんです。選ぶのに迷い思わずたくさんお土産を買ってしまいそうな雰囲 気だ。
お店の建物自体も草木の庭を楽しみながら四季ちょいちょいの草花を楽しめます。『建物景観部門 草加市まちなみ景観賞』を受賞などで有名な庭になりました。
ガーデンカフェでが煎餅からのイメージが吹っ飛ぶような草加せんべいそソフトクリーム、草加せんべいヘルシーバーガーなど話題になるようなメニューが多数あります。
埼玉県小松菜ジュースもおすすめ!ゆったりとした気分で地元の名産を口にし美味い時間をお過ごし下さい!xn--q9j2cye2ioas2866ho7wc.xyz